上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋愛に刺激は必要!とはよく言うけど、実際どーなん!?
そら、まあ、知識が広がってとか、趣味の幅が広がってとか、
そういう刺激はあったほうがええけど、別に恋愛を介さんでもええやん。

恋愛にスリルって何。
ライバル多い!とか、浮気がばれないように…とか、そんなん?
そんなんいらんし。

あたしは断然癒されたい。
一緒にいて楽しくて、一緒にいれて幸せーってほのぼのしてたい。
あたしが好き勝手やってるのを、「俺はいつもお前の味方」

あたしの憧れはこんなんらしいですよ(・∀・)


hiromiさんの憧れの男性について
大人な顔立ちのしょうゆ顔な感じの男性が好みなようです。

それでは次に、それぞれの項目について詳しく分析をしてみましょう。
まず、雰囲気ですが、hiromiさんの場合明るい男性が好みのようです。
とはいえ、ごく普通の男性です。
次に知的属性評価ですが、普通の常識をもった男性が好みのようです。
そして、ちょっとやんちゃな男性を好む傾向があります。ちょい悪がツボです。
男性の体型に関しては、細身の男性が好みのようです。
スラーっとした体型に男のセクシーさを感じています。

さて、見た目からみた男性的な傾向ですが、割と男らしい男性が好みなようです。
応援団なんかに非常に弱く、とにかく硬派な感じが好みです。
次に顔的な好みですが、和を重んじるような顔がかなり好みなようです。
和服の似合うタイプがツボです。
そして、大人の男性でないと嫌なようです。
少しでも子供っぽい感じはあなたにとって嫌な感じでしかありません。

そんなあなたにオススメなのは…

1位 椎名桔平 (264.7点)
2位 オダギリジョー (261.1点)
3位 玉木宏 (258.7点)



あははははは当たってるし、オススメの人たち3人とも好き。
みなさんはいかがだったかしらん( ´艸`)

憧れ男性ちぇっく
(女性ちぇっくも同じページにあります)
スポンサーサイト
丼といえば。

カ ツ 丼 。

他の丼を食べようと思っていても、メニューにあると頼んでしまう。

うどん屋でのうどんとカツ丼のミニセット。
素敵ざます(´∀`人)

以前、ちゃんぽんとチャーハンのセットを頼んだら、
どっちもがっつり1人前の量で、
死にかけながら食べ切って気持ち悪くなったことがあったため、
彼氏に麺とご飯のセット禁止令を出されたことがあります。あはははははー(泣

だって、どっちも食べたいんやもん(・ε・)
ちゃんぽんとチャーハンがミニサイズやったら、
問題なかってんって!きっと!
どっちも一人前の量やから無理があってんって!

肉食とゆーより、ただ食い意地が張ってるとも言う。
だから、だんだんウエストのくびれがゆるやかになってるのかも。

a450.jpg法善寺横丁にある、『喝鈍』のカツ丼が好き。
ご飯とカツが別々に出てくるのがいい。安いし。
久々に食べたくなった!
この写真見るでけでお腹空く。
忘れんと食べに行こう♪

ついでに、やってみた丼占い。


>あなたはカレー丼です。


えーーっっ(-ε-)
ちょっと不満。
カレーは好き。
好きやけど、カレー丼って何?
カレーライス、どんぶり鉢に入れただけじゃないの?
一応出汁も入れてんの?
え?そこ重要じゃない?すみません。

>カレー丼さんはマイペースで自分本位。
>世間の束縛やしきたりを気にせず、
>やりたいようにやってしまいます。
>約束の時間には平気で遅れてきますが、
>それを許される人徳を持っています。



う?
うーーーーー。
でも、時間は守ってると思うけど。
平気で遅れてはないで!遅れるときは、即メールするし、急ぐで!
(やっぱり遅れてる?)


>しかし、意外に人の好き嫌いが激しく、
>自分の刺激的な持ち味を損なう人とは最初からつき合おうともしません。
>他者の持ち味を尊重することは少なく、
>あくまで自分をサポートしてくれる人とだけつきあいます。



そんなことはないと思います。
そんなことはないと思いたいです。
でも、好き嫌いは…激しいかと。思います。


>他者からは、その過激な個性が、くどくうっとうしく思われることがあり、
>友人が多いかわりに、敵も作ってしまいます。



他者がうっとおしいと思ってるかどうかなんて分からーん。
うっとおしい?| 壁 |д・)ソーッ
友人も敵も多くないけど。そう思ってるだけ?


>ファッションは黄色を基調とした派手目のものを好みます。
>また香水や化粧品をたっぷり使うので、カレー丼さんが歩いた後には、
>1時間たってもその匂いが残っています。



それはないわ手
黄色の服なんて1着ももってないし。
ほんで、化粧もちょっとやし、香水は好きやけど、めったにつけへんんし(観賞用)。


>金などの装飾品が大好きで、
>自室をエスニックなインテリアに飾りたがります。



ゴールドは好き。シルバーより好き。
でも、エスニックなインテリアはあんまり好きじゃない。


>世界を股にかける仕事が向いています。
>パイロット、フライトアテンダント、商社マン、外交官などです。
>ひとつところにじっとしている作業には向いていません。



よっぽどあたし、じっとしてんの苦手やねんな。
人の上にたつのも下にたつのも苦手らしいし(これまでの占い参照)。
フリーで世界を股に?
何するか、これから考えるわ。
ってゆーか、何があるか教えてくれ!

a478.jpg

久しぶりに見たいと思った映画 『チェンジリング』

ハリウッドの単純明快すぎる映画はあまり観ーへんけど、
(ヒューマン系や恋愛もの、サスペンスなんかは好きですけどね)
この映画は公開の1ヶ月ほど前から気になってしゃーない映画。

行方不明になって5ヶ月後に「見つかった!」って警察が連れてきた子が違う子なんて!
でも、その子も警察も「お前の息子やんけー、頭おかしいんちゃうかー」ってゆーなんて!

そんな突拍子もないようなストーリーが実話を元にしてるというのに驚愕。

何があったのか、知りたくて、知りたくて、でも、
オリジナルの話を探さずに映画を観ようと心に決めてます。

花粉症を数日前に発症で死にかけやから、
花粉症のひどくない日に行くことにしよーっと。
となると、やっぱ1人でかな。ウム。

【映画情報】
監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ
配給:東宝東和
2/20(金)、日劇3ほか全国ロードショー
PG-12指定


あらすじは画像の下。

a479.jpg

【あらすじ】
1928年、ロサンゼルス。
ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の
息子ウォルターが姿を消す。
5ヶ月後にイリノイ州で発見され、警察が連れてきた少年は別人だった。
息子だと言い張る少年。クリスティンの訴えを聞き入れない警察。
いったいウォルターに何があったのか?
息子をこの手で抱きしめるまでは、決して諦めないと誓い、
様々な圧力と闘うクリスティンの元に恐るべき報せが届く…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。