上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気づけば8月…。
諸事情で家でほぼPCが使えず、
スマホで文章打つのめんどくさい…、
っていうずぼらっぷりで、7月1回も更新せずΣ(ノ∀`*)ペチ
なので、8月になったことをざっくり無視して、
下書きしたまま放置してた記事をアップしてこうと思います♪

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■

7/5(金)は知り合いの舞台に行ってきました☆
演目(曲目?)はオペラ『愛の妙薬』のハイライト。
仕事定時に終わったら間に合う時間やってんけど…、
こういう日に限って残業になんねんな~(-ε-)

開演の10分後ぐらいにはなんとか到着できたけど。

観に行ったのは、『愛の妙薬』のハイライト。
ドニゼッティ作曲の全2幕からなるオペラ。

簡単なあらすじ↓
スペインの小さな村が舞台。
この村に住む貧しくて純朴な青年ネモリーノは、地主の娘アディーナに夢中。
ある日アディーナが読んでいた「トリスタンとイゾルデの物語」にあった、“飲めばたちどころに恋がかなう”という薬を、村にやってきた薬売りのドゥルカマーラ博士から買う。
しかし、このドゥルカマーラ博士はインチキ薬売りで、ネモリーノに売りつけたのは安物の赤ワインだった。
薬の効能を信じ、酔っ払ってアディーナに対して強気な態度をとってしまったため、アディーナは怒り、アディーナを口説いていた軍曹ベルコーレと今夜結婚すると言う。焦ったネモリーノは、もう1本薬を飲んですぐにアディーナの心を手に入れようとするが、お金がない。そこでベルコーレ軍曹と入隊の契約をしてお金を得て、再び薬を買い、「これできっとアディーナはすぐに僕を好きになってくれる!」と喜ぶ。それを知ったアディーナは、その一途な想いに感動してベルコーレ軍曹から契約書を買い戻し、ネモリーノに愛を告白、二人はめでたく結ばれる。

ドゥルカマーラはイタリア人歌手が演じ、
その他はあたしの知り合いを含めた日本人歌手が演じてました。
あ、ピアノも知り合いがよく共演するイタリア人ピアニストでした☆
愛の妙薬…ハイライトやったし、ナレーションもあるし、
ということで、分かりやすかったです。
ネモリーノが妙薬を手に入れて飲んでる時のコミカルな演技が良かった~♪
ベルコーレは最初日本人がやってると思わんかったんで、あとでビックリした(笑)

今度はハイライトじゃなく、全部通して見てみたいなー。
あ、でも、見るなら「椿姫」かな。
乾杯の歌好きやねんな~。
あの歌聞くと、なんかウキウキする(笑)
「トスカ」とか「蝶々夫人」とかプッチーニ作品も見たい!

とか考えてたら、急激にヨーロッパ行きたくなってきた!!!
イタリアでもフランスでもドイツでもいいー!
スポンサーサイト
130813-1.jpgこう暑いと何にもしたくない。
…けど盆休みもないし、ダラダラ仕事してるよ。

最近暑すぎて、
オフィス内のクーラーのききが悪い気すらする。

むー。

会社の人がくれた沖縄土産でもアップしとくか。
どうやら砂糖で装飾されたグミのようデス。

made in vietnam って書いてあったのは内緒(笑)
130817-1.jpg昨日は定時で仕事を投げ出して、
京セラドームに行ってきた!

今年ようやくー。

新井のHRで同点になったはいいけど、
ヒットもなかなか出ーへんし、
毎打席ヴァレンティンがHR打ちそうで怖いし、
しんどい試合やったわ~。
また能見に勝ちつかんかったし。
2人目・安藤がピンチ押さえた瞬間が、
8回終了までで1番ファンのテンション上がったな。

それでもサヨナラ勝ちしたから、しんどいん全部帳消しやー!(≧∀≦)

今日も鶴が良かってなんとか勝ったし、
明日も藤浪で勝ちたいー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。