上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退院の翌日から出勤。

出血もあんまりなかったし、その他の症状は何もなかったし、
仕事はほぼ座りっぱなしやし、休んだら給料ないし、
有給も残り少ないから今後の何かのためにもおいときたいし、
とか、何をどう考えても出勤の選択肢しかなかったんよね。笑

でも急に出血したら怖いから、歩くスピードはゆっくり。
退院翌日スキニー履いてったら締め付け感が気になって、
それ以来ガウチョパンツ履きまわし。
スカートも締め付けることないけど、
スカートに合うぺたんこの靴持ってなくて、
ピンヒールのパンプス履くのもしばらく避けたくて。
ガウチョ流行ってて良かったとつくづく思う。笑

そのくせ、チケット取ってたからと言って、術後4日目に甲子園行って
全く盛り上がりのない負け試合で風船ふくらますという。

あほですね。
なるべくお腹に力入れないように、って言われたん、誰やねん。

術後9日目。出血の量が増える。
「生理2日目より多い量」ではなかったけど、
4日目ぐらいはあった。と思う。

で、出血の量が増えたままだったので、
術後11日目にびびって病院へ。
出血に関しては全く問題ないとのことでした。
傷口が治ってきて、かさぶたがはがれ、出血の量が増える頃だと。
止血の薬貼っときますねーと言われ、ひと安心。

で、手術で切除した部分の検査結果が出てますよと言われた。

「高度異形成の部分はきれいに取れてて大丈夫なんですけどね」









「けどね」?

子宮頸がんには2種類ある。
ひとつは子宮頸部の表面を覆う扁平上皮細胞からできた扁平上皮がん。
最初上皮内にでき、そこから徐々に広がっていくので、
切除した部分の一番奥側に異常がなければ、
それ以上の浸潤はないということらしい。

あたしはこの扁平上皮がんになる一歩手前の状態が見つかって、
今回円錐切除術を受けたわけです。
その悪い部分はちゃんと取りきれましたよ、と。

で、もうひとつは、粘液を分泌する腺細胞からできた腺がん。
こちらは扁平上皮がんと比べて子宮頸がん検診で見つけにくく、治療も難しい。
ほとんどの子宮頸がんは扁平上皮がんらしいけど、
最近は腺がんも増えてきてるのだとか。

「けどね」の後に続いて言われたのは、
上皮内腺がんも見つかった、ということでした。
上皮内腺がんは、悪性の腺がんがあるものの、
間質といって腺の周囲にまでは広がっていないもの(扁平上皮がんの0期に相当)。
転移の可能性は少ないけど、扁平上皮がんとは違い、
診断がむずかしい時を考えて子宮の全摘をすすめられる時も。

閉経後とかもう子供これ以上産みませんとかやったら、
子宮とっときましょか、って言うんですけど、まだ若いですしね。

って言われましたよ。
先生、若いほうに入れてくれてアリガトウゴザイマス(棒

出産願望ないから、取っても問題ないっちゃーないけど、
やっぱり全摘ってなんかちょっと怖い。
でも、転移も怖い。むー。

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■

術後25日目。
そもそもの術後最初の通院予定日。
診察の結果、まだちょっと傷が治りきってないとのこと。
前日から気持ち出血の量が減ったような気はするけど、
まだ出血あるし、そうやろな。

「あともうひといきってところですね」って。

出血とまったら、細胞とって検査しましょうね、と言われました。
前に病院行ったときに見つかったと教えられた上皮内腺がんは、
扁平上皮がんみたいに徐々に広がっていくのではなく、ポンっととんだりするそうで、
体に残ってる子宮部分に残ってないかどうかの検査だそうです。

とりあえず早く検査するためにも、次の通院日までに傷治れ!ってことかな。
あとそれまでに予定通り生理きて終われ!ってのと。笑

いつもクリックありがとうございます☆
スポンサーサイト
あああああ。
ストレスたまりまくってイライラがとまらないー。
肌の調子も最悪やし、うーーー。

とにかくイライラがたまってるってだけのハナシ。

 いつもご訪問アリガトウゴザイマス☆
2015y10m24d.jpg

『新感覚血液型占い登場!ハイブリッド血液型占い』の結果☆

親しみやすくもないと思うし、
余裕で色んな人に嫌われるタイプですが、
「類型的に人の性格を決めてかかってっくる人とは相性悪い」
のくだりは当たってるかと思われる。
そういう人、うっとうしい。笑

そんなあたしはB型です(・∀・)

なので『血液型別スーパー詳細解析!B型性格診断』もやってみた。

2015y10m24d_212331555.jpg

典型的なB型…。

( ゚Д゚)どっちやねん

社交的でもなく、特別明るくもなく、友達もいませんが、
最後5行が当たりすぎてて泣けてくるわ。笑

どっちにしろ、友達多そうな雰囲気やけど、おかしいな。
友達あんまおらんで。

まぁ、いいけど(・∀・)


金曜日の午前中、病院行ってきました。
前回病院行ったときに「あともうひといき」といわれた手術跡の状態確認。
まず処置室に入り、診察台に座って足上がって足開いた状態になる。

「ちょっと待っててくださいねー」

って看護師さんに言われる。





え?(・∀・;)





あの、この状態でステイとか、
恥ずかしいやら、情けないやら、なので勘弁してくださいーーー。
カーテンの向うに誰がおるかとか分からんけど、
とにかくダサすぎるーーー。

時計がないので正確な時間は分からんし、
実際大して時間経ってないとは思うけど、
ものすごく長い時間さらしものになってる気分やったわ( ̄ー ̄;

手術の傷跡はきれいに治ってると言われ、ほっ。
超音波検査で確認された後、
痛みとか全くなかったので、いつどのタイミングか全く分からんかったけど、
液状化検体細胞診のため、子宮頸管粘液を採取され処置終了。

その後の診察では、
目で見た分にはきれいになってるけど、
細胞レベルでもきれいになってるか分からないので、
検査の結果を見て、今後の相談しましょうと言われました。

まぁ、そうですよね。

何か聞いときたいことありませんか、って言われ、
毎回ちゃんと聞いてくれる。
手術後に渡された紙にあった禁止事項の中で、
まだ禁止なものはありますか?って聞いたら、

もう通常通りでいいですよ、
まぁ…妊娠はまだちょっと待ってもらったほうがいいですけど。

と言われました。

大丈夫です。
その点は全く希望してないので(・∀・)

その後、思い出したように先生がぽつりと言った。





煙草やめてませんよね?




……(・∀・)あは。

がっつり「禁煙です!」とは言われてないけど、
子宮頸がんになる人にやっぱり喫煙者は多いので、と言われました。

分かってますー。
禁煙ですか。できるかな。できないな。無理だな。意思弱いし。
美味しいし。やめる気ないし。

とりあえず、退院の日に言われた禁止事項はめでたく解禁(妊娠以外。笑
通常営業に戻りまーす。

 クリックいつもありがとデス☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。