Kyoto, le 3 juillet 2014

知り合いのコンサートが京都で18時開演。
定時に会社出て即向かっても…ウン。マニアワナイ。
でも、18時半には着けるはず!行く!
定時で上がるぞ、おー!

ってなわけで、なんとか定時5分前に仕事を終わらせた。


終わらせた!

なのに、明日の仕事の説明をなぜ今する?
いつもそんなんせーへんやん。
その仕事も次の週の火曜日まででいい仕事やん。
しかも別に明日どっちかがおらんわけでもないやん。

なぁー、なんで今すんのー!?

思いっきりイライラを顔に出し倒してるにも関わらず、
知ってか知らずか、定時を過ぎてなお10分以上説明。
同じこと何回言うねん。キーーーーッ!

会社から駅まで、地下鉄から阪急まで、烏丸から会場まで。
小雨の降る中、常に早歩きってゆーか、小走りってゆーか、
9cmのヒール履いてる(これ)あたしが悪いが、足の裏攣るかと思ったー(´△`)

会場到着。
味のある扉をギギーッと開けて、後ろの隅の席に座ってすぐ曲が終わって拍手。
テノール歌手の方が袖に下がる。

影アナ<ただいまより10分間の休憩に入ります。




(゚д゚ )えええええぇぇぇぇぇぇ

着いた瞬間まさかの前半終了(・ε・`*)
ふと横を見ると、いつもコンサートで会って、だいたい一緒に帰る人が座ってた。笑
「私、ギリhiromiちゃん産めるで!」っていう年齢の方なんやけど、
この方もあたしの知り合いと知り合い、っていうご縁もあってか、
いつもコンサートからの帰り道、楽しくお話してくださいます。ウレシイ。
だいたい毎年この時期で、コンサートと阪神の話しかしてない気もするけど。笑

とりあえず一服して、席に戻る。
後半。
あたしの大好きな曲のひとつ、『乾杯の歌』が後半の3曲目で、
もう、聞いててウキウキして、自然と笑顔になっちゃったよ。
ここに着くまでのイライラ忘れた!
他にも有名な曲でいうと、教科書でおなじみ(?)ナポリ民謡の『帰れソレントへ』とか。
アンコールではみなさん一緒にどうぞ、と『オー・ソレ・ミオ』も。
一緒にって言われても、イタリア語の歌詞どころか日本語の歌詞も分からんし。笑
鼻歌が限界www
でも、楽しかったーヽ(´∀`*)ノ

知り合いのソプラノ歌手にも、知り合いのピアノ調律師にも久しぶりに会えたし、
知り合いはもちろん、よく共演されてる他の歌手やピアニストの素晴らしい演奏も聞けて、
後半しか聞けなかったけど、それでもまぁ、7曲ぐらい聞けたし、
足攣りかけながらダッシュして良かった!

コンサートの後は、いつもどおり大阪へ一緒に帰りましたよ。
その前に京都でご飯も一緒に食べたよ♪
充実した木曜の夜でした!やっぱり生の音楽イイナ。
あたしも久しぶりにスタジオ入りたくなってきた。
メンバー3人が3人とも放置プレイのバンドっていったい何。笑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント