上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こないだ、バイト先の店にきたお客。
40代前半ぐらいの小太りの男と、20代後半ぐらいの眼鏡の男性。
上司・部下と思われる2人組。

ちょうど洗い物してるあたしの前に立って、飲み食いしながらしゃべってた。
めちゃめちゃ忙しいわけでもなかったので、
洗い物しながらなんとなく会話を聞いてると恋愛話に。

こういう女は嫌いとか、こういう女がいいとかゆってんねんけど、
上司の男がほんま嫌いなタイプ。見た目も話し方も(笑)

なので、ちょっとイライラし始めてた。
勝手に客の話聞いて、気分を害していたわけですが、何か?(笑)

「俺の美学に反すんねん」

と言ってのけた、あんたの風貌があたしの美学に反すんねんけど!
とか心の中で毒づいてみたり♪

これまた声が大きいから、嫌でも耳につく。

で、俺様上司は話をエスカレートさせ、下着の話へ。
最初は男性下着について熱く語ってらっしゃった。

部下がボクサーパンツだというのを聞いて、

「男はトランクスやろ!」



そうなのか?

部下の彼女が下着(ボクサーパンツ)をプレゼントしてくれると反論しても、

「彼女、かわいそうやわー。気ぃつかってんねやわ」


違うくね?(((゜д゜;)))
ボクサーパンツ、別にいーやんなー?

そうですかね、と少し不満げな部下を尻目に、
俺様上司、満足げ!

で、さらには女性下着の色の話に発展。

ピンクはどうとか、白はどうとか、
水色は母親の下着の色のイメージで嫌とか、
きれいめな子がカジュアルなプリントの下着だとひくとか、
最初に赤の下着やと、気合満々で嫌とか、
もう、好き放題おっしゃってましたけどね。

「お前に言われたないわ!!」

と言ってやりたくて、言ってやりたくて(笑)
そりゃ、人それぞれ好みがあるやろうし、その人の自由やけど、
要はその俺様上司が気に食わんかっただけのことさー。


あたしは勝負下着なんて持ってないから、
デートだからとかあまり関係ないし、
色も柄も自分の気分のみに左右される。
だから赤の日も黒の日も普通にあるわけで。
だいたい白とかピンクとかそんなに好きじゃないからないし。

そんなことを思いながら、やっぱり。

「お前に言われたないわ!!」

と心の中で復唱致しました。

みんな、そんな勝負下着とかあるもんなん??
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。