上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
a478.jpg

久しぶりに見たいと思った映画 『チェンジリング』

ハリウッドの単純明快すぎる映画はあまり観ーへんけど、
(ヒューマン系や恋愛もの、サスペンスなんかは好きですけどね)
この映画は公開の1ヶ月ほど前から気になってしゃーない映画。

行方不明になって5ヶ月後に「見つかった!」って警察が連れてきた子が違う子なんて!
でも、その子も警察も「お前の息子やんけー、頭おかしいんちゃうかー」ってゆーなんて!

そんな突拍子もないようなストーリーが実話を元にしてるというのに驚愕。

何があったのか、知りたくて、知りたくて、でも、
オリジナルの話を探さずに映画を観ようと心に決めてます。

花粉症を数日前に発症で死にかけやから、
花粉症のひどくない日に行くことにしよーっと。
となると、やっぱ1人でかな。ウム。

【映画情報】
監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ
配給:東宝東和
2/20(金)、日劇3ほか全国ロードショー
PG-12指定


あらすじは画像の下。

a479.jpg

【あらすじ】
1928年、ロサンゼルス。
ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の
息子ウォルターが姿を消す。
5ヶ月後にイリノイ州で発見され、警察が連れてきた少年は別人だった。
息子だと言い張る少年。クリスティンの訴えを聞き入れない警察。
いったいウォルターに何があったのか?
息子をこの手で抱きしめるまでは、決して諦めないと誓い、
様々な圧力と闘うクリスティンの元に恐るべき報せが届く…。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。