ゆれる/映画

*coffret a bijoux*

4年ほど前に本は読んでたけど(⇒コチラ)、映画はまだでした。
先日、ようやく観ました。
先に映画ありきで、監督自身が小説として書き下ろしたものなので、
本を読んでから映画を観る不安感はなし。
「イメージが崩れるー」とか、そういうことはない。
むしろ配役を見て、本当にぴったりしっくりくる。

本は登場人物それぞれの目線で、一人称で「事件について」語られるけど、
映画は基本的にオダギリ・ジョー演じる「弟」が主役でした。

まぶしくうつる尊敬の先にあるもの、
「家族」という関係、
何もかもがマイナスのにおいがして、
閉塞感でいっぱいになった感情の行き場が、
とても悲しかった。

結局事実はなんなのか。

色んな事を考えさせられる、いい映画でした。

ただ、ひとつ苦言を言うなら、
キム兄があたし的には微妙やったけどー(。・ε・。)
いいねんで。あんなキャラでも。
でも、ほんのちょっとコントめいた感じがしてしまって、
入りこんでた自分が現実に戻ってしまったのが、
ほんのちょっと残念だっただけ。

 本 DVD

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ人気ブログランキングへ ←応援クリックありがとデス。拍手も押してってハート
関連記事

commentaire

laisser une réponse


管理者にだけ表示を許可する