推定少女

初・桜庭一樹さんの本。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
とある事情から逃亡者となった“ぼく”こと巣篭カナは、
逃げ込んだダストシュートの中で全裸の美少女・白雪を発見する。
黒く大きな銃を持ち、記憶喪失を自称する白雪と、
疑いつつも彼女に惹かれるカナ。
2人は街を抜け出し、東京・秋葉原を目指すが・・・。
直木賞作家のブレイク前夜に書かれた、清冽でファニーな成長小説。
幻の未公開エンディング2本を同時収録。


すっきりと「分かる」結末をお好みの方には向きません。
3つの結末が用意されてますが、
どれ読んでもすっきりしないというか、しっくりこないというか。
1つ目が一番マシかなー。
たぶん1つ目がもともと用意されたエンディングと思われる。

少女(少年も出てくるけど)vs大人の図式をシンプルにきれいに、
SF話をからめて分かりやすく書きました。
とゆー感じがして、物足りなく、ちょっと気持ち悪かった。

大人はずるくて、悪くて、汚いもので、
きれいな子供はそれに潰されないように必死なんだ、
って言われてる感じがして、嫌やった。

そんな子供ばっかりじゃない。
そんな大人ばっかりじゃない。

あたし、「大人って汚い」とか考えた記憶がないし。
大人になりたかったほうやからなー。

あ、でも、「大人になりたくない」(ような感じの)子供の描写は、
とてもうまいと思う。
現実から逃げだして、でも逃げきれず、
結局そこにくみこまれてゆくさまとか、分かりやすかったです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ人気ブログランキングへ ←応援クリックありがとデス。拍手も押してってハート
関連記事

commentaire

laisser une réponse


管理者にだけ表示を許可する